2011年07月16日

デュエルトランサーのレビュー

ちょっとだけ前の作品ですが・・・「遊戯王5ディーズ デュエルトランサー」っていうゲームをプレイしたみたので、感想などを書いてみたいと思います。

遊戯王カードは昔から好きでよくやっていたので、その流れでこのゲームをプレイしてみたのですが、うーん、結論から言ってしまうとあまり良い作品だとは思いませんでした。

まず収録カードが少ないです。(収録カードが古い)
これより前に発売された「遊戯王5ディーズ オーバーザネクサス」という作品の方が最新弾近くのパックまで収録されているぐらいです。

そして内容の薄さ。
Wi−Fiでの対人戦メインのゲームだからかもしれませんが、一人で遊ぶストーリーモードのクオリティもボリュームも低く感じました。

逆に良かった点としては

実際のカードを
付属の専用マシンでスキャンすると
そのカードがゲームでも使える

点は面白いシステムだなと思いました。

総じて、
「意外性はあったけれど、全体的に完成度の低い作品」
というのが私の意見です。

皆さんのゲーム選びの参考になったらと思います。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
posted by まるスライム at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の情報
2011年07月01日

トリプルバトル

ポケモンブラック&ホワイトで新しく追加された「トリプルバトル」。
未だ未開拓な部分が多い分野ですが、どんなパーティが強いのか、自分なりに考察してみたいと思います。

まず、第一に思いつくのが、フィールド全体に影響を及ぼすような技や特性。
天候系の技やいやしのこころ、フレンドガードなどは、ダブルやシングルに比べて影響力がとても大きくなります。
特に、天候系の技や特性はダブルバトルでもかなり重視されているので、トリプルバトルではなおさら重要になってくると思います。

また、トリプルバトルでは飛行タイプの技にちょっとしたアドバンテージが与えられています。
それは、

どの位置にいても
どのポケモンにも
攻撃できる

というアドバンテージ。
端にいるポケモンは比較的攻撃をくらいにくいのですが、飛行系技をもっていると思わぬ角度から攻撃を飛ばすことができ、「端=比較的安全」という考えを崩すことができます。

以上のことを踏まえると、

端に飛行ポケモン×2
真ん中に地震を覚えている地面ポケモン

というパーティは強いかもしれませんね。
全体技の地震を相手だけに一方的に当てることができ、かつ、飛行技で両サイドのポケモンも縛りやすくする、という動きが可能になります。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
posted by まるスライム at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。