2011年10月29日

一時ファイルの場所替え

インターネットを見ていて「あれ、前に一度訪れたことあるページって初めてのページより表示されるの速いな?」って経験あるんじゃないかと思います。
今回はその仕組みに関する高速化方法です。

前に表示したページというのは「インターネット一時ファイル」というところに自動的に内容が保存され、次回訪れたときにすばやく表示できるようになっているんです。
通常この「インターネット一時ファイル」はCドライブにあるのですが、Cドライブはシステムファイルなどでやたらと容量を喰う場所なので負担を減らすためにDドライブに移動させましょう。


  1. Dドライブに新しいフォルダを作成(場所と名前は任意)

  2. デスクトップ上の「Internet Explorer」を右クリックし、メニューの[プロパティ」を選択

  3. 「インターネットのプロパティ」ウィンドウ、[全般」タブの「インターネット一時ファイル」項目にある「設定」を選択

  4. 「設定」ウィンドウから「フォルダの移動」を選択し「フォルダの参照」ウィンドウから、上記で作成したDドライブのフォルダを選択し「OK」をクリック

  5. "移動が完了します。続行しますか?" が表示されたら「はい」をクリック

  6. 一度ログオフされるので、再度ログオンするとフォルダの移動が完了



以上です。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【「ウインドウズを高速化」カテゴリの最新記事】
posted by まるスライム at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウインドウズを高速化

おすすめゲームランキング



位 リネージュ
韓国で「伝説的」人気を誇ったMMORPG。占有率60%超えを記録したモンスター作品です。

位 ドラゴンクルセイド2
新風を巻き起こした新感覚シミュレーション待望の続編。アイパッドやアイフォンでも遊べます。

位 戦国IXA
スクエア・エニックスが運営する戦略ゲーム。「イケメン」×「武将」×「超低スペック稼動」。

(リンク部分にマウスカーソルを合わせると画像が変わります。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。